1. Home >
  2. 憧れの航空業界をめざす3学科!

あこがれの航空業界をめざす3学科!

航空機整備科

国土交通大臣指定航空従事者養成施設
※2等航空整備士コースは、国土交通省より養成施設としてのテストコースとして指定を受けました
国土交通大臣指定航空機整備訓練課程

3年課程(男女66名)


高性能化・複雑化する航空機整備に必要な高度な知識と技術の修得を目標に、さまざまな装備品や実習機を使い、実践的な学習を行っています。また、コンピュータ・CAD教育にも力を注ぎ、即戦力として活躍できる優秀な航空機整備のプロフェッショナルを養成します。

航空機整備科の内容を見る

空港エンジニア科

空港地上支援スタッフ育成

2年課程(男女50名)


さまざまな航空機が離発着する空港でのグランドサービス(地上支援業務)や、航空貨物[エアカーゴ]の取扱業務など、航空業界で働くために必要な技術・知識を幅広く身につけ、旅客が安全快適に空港を利用し、空の旅をより楽しめるお手伝いをするスタッフを養成します。

空港エンジニア科の内容を見る

エアポートビジネス科

即戦力のエアポートスタッフを育成

2年課程(男女60名)


旅客、貨物、機体、航空無線、英会話、旅行などエアポートスタッフに必要な知識全般を学び、日本航空の旅行総合システム「AXESS(アクセス)」を使用した航空券の予約・発券実習など、現場での応用力を修得し、多彩な業務に対応できる人材を養成します。

エアポートビジネス科の内容を見る

卒業生には「専門士」の称号が与えられます

大学の卒業生に「学士」、短大などの学生に「短期大学士」の称号が与えられるように、一定の条件を満たした専門学校の2年課程以上の卒業生には文部科学大臣より「専門士」の称号が与えられます。

「専門士」とは、「何を学んできたのか、どのような技術・技能・教養を身につけてきたのかなど職業能力を認定するためのもの」です。

東日本航空専門学校卒業生には全員「専門士」の称号が与えられ、その社会的評価と信頼性は安定かつ恒久的なものです。

  • 資料請求
  • 学校見学情報
    • AO入学制度
    • 特待生・奨学金制度
    • 文部科学大臣認定 職業実践専門課程
    • 電子パンフレット
    • 学校紹介MOVIE
    • LINE
携帯サイト