教育訓練給付金制度

教育訓練給付制度

東日本航空専門学校のエアポートビジネス科、空港エンジニア科は、厚生労働大臣指定専門実践教育訓練の指定講座です。一定の条件を満たした対象者には、支払った経費の一部が支給されます。


専門実践教育訓練給付金とは?

労働者や離職者の中長期的なキャリアアップを支援するため、厚生労働大臣が専門的・実践的な教育 訓練として指定した講座を受講し修了した場合、本人が専門学校など指定を受けた教育訓練施設に支払った経費の一部を支給する雇用保険の給付制度で、返還義務はありません。

給付金を受けることができる方

・初回受給の場合、講座の受講開始日までに通算して2年以上の雇用保険の被保険者期間を有している方。
・平成26年10月1日前に教育訓練給付金を受給した場合、講座の受講開始日までに通算して2年以上の雇用保険の被保険者期間を有している方。

給付金の額

受講者が支払った教育訓練経費のうち50%(年間上限40万円)、例えば東日本航空専門学校 空港エンジニア科の場合には2年間で80万円が支給されます。更に受講修了日から1年以内に資格取得し、被保険者として雇用されている等の場合には20%が追加支給され、合計112万円支給されることになります。(学科により支給額は異なります)

給付金支給の流れ

◎詳しくは、以下をご覧ください。

ハローワークインターネットサービス-教育訓練給付

政府広報オンライン:暮らしのお役立ち情報

給付を受けるためには、ハローワークにて事前に手続きが必要です。
詳細につきましては、ハローワークにお問い合せください。

「東日本航空専門学校 専門実践教育訓練給付金」のチラシはこちら(716KB)

  • PDF書類をご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。このアプリケーションソフトがインストールされて無い場合は右のアイコンをクリックし、無料配布されているAdobe Readerをダウンロードして下さい。 すでにAdobe Readerがインストールされている場合はダウンロードせずに直接ファイルがオープンします。

  • 学校見学情報
  • 進路相談会
  • AO入学制度
  • 特待生・奨学金制度
  • 募集要項
  • 学生寮
  • 電子パンフレット
  • 学校紹介ムービー
  • Q&A
  • 文部科学大臣認定職業実践専門課程
  • 東日本航空 LINE@
  • 東日本航空 twitter
  • 東日本航空 スクールアプリ
  • 留学生の方へ