学科紹介

職業実践専門課程

3年制・男女66名

航空機整備科

航空機の安全運航を支える「航空整備士」をめざす。

最先端の技術を駆使した航空機の整備にも、高度な知識と技術力に加えて、安全に対する高い意識と強い責任感が求められます。本学科では、航空機整備に必要な基本事項を修得するとともに、整備経歴や在学中の国家資格の取得をめざします。さらに、姉妹校の東北電子専門学校との提携によりコンピュータ教育にも力をそそぎ、企業ニーズに応える航空機整備のプロフェッショナルを養成します。

■国土交通大臣指定航空従事者養成施設
■国土交通大臣指定航空機整備訓練課程
●本校は、航空整備士資格取得に必須となる「基本技術Ⅱ」の認定校です。

航空機整備科の特徴とめざす職業

確かな資格取得で航空機整備のスペシャリストをめざそう!!

航空整備士【ドック整備】

格納庫の中で航空機の点検用パネルを開けての作業やコックピットのシステム作動確認などを行います。

航空整備士【ライン整備】

旅客機の発着の合間に、機体の整備を行います。短時間で正確に点検整備する知識と技術、経験が必要です。

航空機装備品整備

たくさんの精密機器を常に正常に保つための整備、修理を行います。航空機特有の整備技量が必要な業務です。

航空機製造

主翼、胴体、尾翼などのパーツの製造から組み立てを行います。専門知識技術を持つ人材が今も求められています。

  • 航空業界への高い就職率を毎年継続していることが誇りです。
  • 専門知識のみならず、一般教養、英語、コンピュータ教育などの面にも力を入れています。
  • 航空業界への就職をめざそうという共通の目的に向かって、全国各地から集まった学生がフレンドリーなキャンパスライフを楽しんでいます。
  • 学校を訪れる卒業生も多く、将来めざそうとする現場の新鮮な情報が入手できます。
  • 学校での授業の他、各地の空港や整備工場など研修を行います。
  • 体育施設、学生寮などがあり、学業と心身鍛練の両面がバランス良く学生生活を送っています。
  • 飛行機からヘリコプターまで多種の航空機、多くのエンジン(ピストンエンジン・ガスタービンエンジン)、広い試運転場・ランプなどの教材、実習施設を備えています。
  • 各種資格試験には、事前に完全な受験対策を実施しています。

2018年度の就職内定実績

  • ANAエンジンテクニクス
  • ANAベースメンテナンステクニクス
  • ANAラインメンテナンステクニクス
  • JALエンジニアリング
  • IBEXエアラインズ
  • IHI 航空・宇宙・防衛事業領域 相馬事業所
  • 中日本航空
  • AIRDO
  • 日本エアコミューター
  • サンコーエアセルテック  ほか

めざす資格

二等航空運航整備士について、整備の対象は小・中型機です。

●二等航空運航整備士(飛行機)

離発着の間に日常的に行われる整備業務などを担当する国家資格。

●航空無線通信士

●特殊無線技士(航空)

●危険物取扱者(乙種第1~6類)

●実用英語技能検定

●TOEICテスト

整備士の資格

大きい画像を表示

本校では「基本技術Ⅱ」を在学中に取得することが可能で、将来上位資格を取得する際に科目免除の対象となります。

「基本技術Ⅱ」 とは

本校は、航空整備士資格取得に必須となる「基本技術」の認定校です。国家資格である「航空整備士」は、学科試験と実地試験に合格する必要がありますが、「基本技術」を在学中に取得していれば、将来「上位の航空整備士」を取得する際に、実地試験の基本技術が免除となります。

学ぶステップ

実際の機体とエンジンを使った実習で確かな知識と技術を身につけます。

1年次

共通

一般科目として数学などの基礎学力を修得し、航空機の整備マニュアルは国際語で表記されているので航空英語も学びます。航空機についての基礎的事項、法規、機体、ピストン発動機、航空力学などを学びます。

2年次

1年修了時に志望と適性により コースが分かれます。

2・3年次

航空整備士養成コース

国家資格取得へ向けた実習中心の授業を行います。在学中に二等航空運航整備士の国家資格や基本技術Ⅱを取得し、航空従事者として必要な安全意識に徹した技能、知識の修得をめざします。

2・3年次

航空機整備訓練コース

航空機のハイテク化や、多様な航空業界に幅広く対応するため、コンピュータやCAD、大型機、タービンエンジンなど、学科教育と実技教育を通じて実践的な能力を身につけます。

メッセージ

Teacher's Advice

自分の夢を探しに来ませんか?

航空機整備科
伊藤 秀吉 先生

航空業界って、どんなとこ?難しいんだろうなぁ。でも、ちょっと気になる。どうすれば飛行機の整備士になれるのだろう。飛行機も造ってみたいけど...そんな気持ちが少しでもあれば、それを現実にしてみませんか。実習、学校生活を通して、それが決して不可能なことではないことがわかるはずです。今は飛行機に興味がなくても、整備士にむいている自分に気付くかもしれません。なぜなら、私がそうだったからです。まずは、学校で機体に触れて、体験してみてはいかがでしょう。

先輩からのメッセージ

ライセンスを取得し、航空整備士として活躍したい

山形県 羽黒高校出身
佐藤 亮介 さん

高校時代の進路説明会で航空業界の話を聞き、興味を持ちました。調べてみると、航空整備士の国家資格が取得できるのは"東北地方でここだけ"ということが分かり、東日本航空専門学校への進学を決意しました。授業では座学、実習だけでなく、企業説明会や空港見学もあり、リアルな航空業界を知ることができるので将来の目標も明確になり、モチベーションも上がります。「航空整備士」と聞くと、工業系の知識がないと心配かもしれませんが、クラスには普通高校の仲間もたくさんいます。先生方も工具の使い方や航空用語など一からわかりやすく教えてくれるので安心です。航空業界に少しでも興味のある高校生のみなさん、一度学校に遊びに来てみてください!夢が広がりますよ!

卒業生からのメッセージ

株式会社 JALエンジニアリング
福岡県 三池高校出身 〈2012年度 航空機整備科卒業〉
航空整備士 德永 大輔 さん

入社6年目で羽田国際空港の航空整備士を技術的にサポートし日々の安全運航に携わる整備技術グループの部署にいます。5年目でボーイング737-800型の一等航空整備士を取得し、今年5月まで格納庫での重整備や運航整備で主にエンジン整備をしていました。専門学校で学んだことは就職後も役立つ基礎知識ばかりで、実機・現物に触れ体で覚えたことは、ライセンス取得に直結する学びでした。
航空整備士のキャリアの中で一番のやりがいを感じたのは、ボーイング737-800型機の責任者を任されたことです。機体全体の重整備作業の作業コントロールから書類整理まで担当し、目標の時間までに格納庫から送り出したことです。皆さんもそんな経験をしてみませんか。

企業からのメッセージ

全日本空輸株式会社
整備センター教育訓練部 部長
細見 光徳 氏

航空整備士は黙々と仕事に打ち込む地味な職人のイメージがありますが、お客様にいかなる時もベストな機材を届けたい、職場の仲間と共に成長したいと願う「情熱」や、チームワークを何よりも大切にし、ここぞというときに部署間の垣根を越えて結束できる「人間力」が、仕事をするうえでとても大切なたしなみであり、ANAグループを支える原動力となっています。私たちは、日頃から規律正しい行動を実践し、難しい課題を最後までやり遂げる力、組織を巻き込みチームでの協力を通じて個人では出せない成果につなげる力を求めています。航空機整備は苦労も多いですが、とてもやりがいがあり誇りの持てる仕事です。皆さんもぜひチャレンジしてください。

仕事マップ

航空機の安全運行を支えるメカニックのプロをめざす。

航空機整備

航空機の整備には、高度な知識と技術力に加えて、安全に対する高い意識と強い責任感が求められます。航空機整備に必要な基本事項を習得し整備経歴や在学中の国家資格を持つ、航空機整備会社のニーズに応えるプロフェッショナルが求められています。

→大きい画像で見る

  • 学校見学情報
  • 進路相談会
  • AO入学制度
  • 特待生・奨学金制度
  • 募集要項
  • 学生寮
  • 電子パンフレット
  • 学校紹介ムービー
  • Q&A
  • 文部科学大臣認定職業実践専門課程
  • 東日本航空 LINE@
  • 東日本航空 twitter
  • 留学生の方へ