情報公開

学校基本情報

「専門学校における情報提供等への取組に関するガイドライン」に基づく情報公開です。

(1)学校の概要、目標及び計画

学校概要

創立 昭和62年
設置者名 学校法人日本コンピュータ学園
学校名 東日本航空専門学校
所在地 〒989-2421 宮城県岩沼市下野郷84番地
電話番号 0223-23-3344(代表)
理事長 持丸 寛一郎
校長 今別府 和美
教職員数(平成30年度) 33名(専任教員18名・兼任教員12名・職員3名)
学生数(平成30年度) 152名

教育理念

  1. 実学の重視

    高度で実践的な知識と技術を身に付けた即戦力スペシャリストを育成する

  2. 人間性の涵養

    豊かな人間性および職業人としてのモラル、人間力を育成する

  3. 社会への貢献

    国際的な視野と高い専門性をもとに職業を通して社会の発展に寄与する意識と実践力を育成する

平成30年度 事業計画

  1. 事業への取り組み

     現在、学園を取り巻く環境は、少子化の継続や一方では就職状況の好転等により、学生募集においても厳しい状況が続いております。
      このような状況において、平成25年8月に施行された専修学校の専門課程における職業実践専門課程の認定制度も5年目を迎え、本校では全ての学科が認定されています。これにより、企業等と連携した実習・演習を実施することができ、学生の満足度が高まっていることなど、学生募集においてもメリットが大きいものがあります。
      学習環境面については、学生全員に配付しているiPadを活用して、電子書籍を使用した授業や資料配布などを行なうなど、学習効率の向上のためiPadの活用を進めております。
      教育面については、指定養成施設である二等航空運航整備士コース(基本技術Ⅰ)、テストコースである二等航空整備士及び二等航空運航整備士(基本技術Ⅱ)を継続し、業界のニーズにきめ細かく対応した航空整備士を養成してまいります。
      学校としては、これら施策を着実に実行し、学生の満足度の向上に力を入れるとともに学生にとって魅力ある学校づくりを目指すことで、安定した学生数の確保に努めてまいります。

  2. 教育の重点分野

     平成30年度の重点施策として、航空機整備科において二等航空整備士及び二等航空運航整備士(基本技術Ⅱ)のテストコース最終年度となる実地試験に対し、更なる教育・訓練内容及び技量の画一化を図り全体レベルの向上を図ります。
      より職業訓練への深度を深め、即戦力となる人材育成を図るため、更なる企業との連携を深め、インターンシップ及び企業研修等を早期に立案、計画してまいります。
      また、カリキュラム及び教育内容を見直し、より企業実態に合わせた教育の質の向上を図ります。
      学生支援の強化として、学業、私生活及び対人関係に悩みを抱える学生の早期対応を心掛け、担任・保護者・学生サポート室及びカウンセラーと連携しながら、学生に寄り添った丁寧な対応をすることで、休学・退学の低減を図ります。

沿革

昭和61年 宮城県(総)指令第54号により、学校法人 日本コンピュータ学園設立について正式認可を受ける。
昭和62年 宮城県(総)指令第36号により、東日本航空専門学校設置について正式認可を受ける。
昭和63年 東日本航空専門学校開校。
平成2年 無料職業紹介所として認可される。
平成7年 文部大臣告示により、平成6年度以降の卒業生から「専門士(工業専門課程)」の称号付与が認められる。
平成10年 運輸省航空局より「整備経歴認定施設」の指定を受ける。
平成11年 エアポートビジネス科(2年制)を新設。
平成13年 国土交通大臣より、「航空機整備訓練課程」の指定を受ける。
平成16年 国土交通省航空局より、「航空従事者指定養成施設に係るテストコース」の指定を受ける。空港エンジニア科(2年制)を新設。
平成19年 「国土交通大臣指定航空従事者養成施設(二等航空運航整備士・飛行機)」の指定を受ける。
平成26年 文部科学省より職業実践専門課程(エアポートビジネス科)の認定を受ける。
平成27年 厚生労働省より専門実践教育訓練講座(エアポートビジネス科)の指定を受 ける。
文部科学省より職業実践専門課程(航空機整備科、空港エンジニア科)認定を受ける。
国土交通省航空局より、「二等航空整備士(飛行機)及び二等航運航整備士の基本技術II係るテストコース」の指定を受ける。
平成28年 厚生労働省より専門実践教育訓練講座(空港エンジニア科)の指定を受ける。

(2) 学科(コース)の教育(平成30年度)

学科/コース 募集
定員
修業
年限
学科概要
航空機整備科
・二等航空整備士コース
・二等航空運航整備士コース
・航空機整備訓練コース
66名 3年 航空機整備に必要な基本事項を修得するとともに、整備経歴や在学中の国家資格の取得をめざし、企業ニーズに応える航空機整備のプロフェッショナルを養成します。
空港エンジニア科 50名 2年 航空機の安全運航をサポートすることを目的とした、航空機の誘導やけん引などのグランドハンドリング業務や、拡大する輸出入に伴って年々増加する航空貨物「エアカーゴ」の取扱業務などの分野で活躍できるスタッフを養成します。
エアポートビジネス科 60名 2年 航空旅客・貨物取扱業務、航空機概論、無線工学、旅行業務、コンピュータなどをはじめ、国際語としての英語・英会話を学び、多彩に活躍できるエアポートスタッフを養成します。

(3)教職員

教職員数(平成30年度)

■教員

・専任教員 18名
・兼任教員 12名

■職員 3名

教員組織・担当科目(専任教員)

■校長 今別府 和美

教務部

小髙 栄一 <教務部長>航空力学、大型機の概要、航空機取扱
安藤 清 <教務課長>装備品(電子)、装備品実習、機体実習、無線工学
大沼 英明 <就職室課長>航空支援実習、航空機取扱
伊藤 秀吉 <教務主任>機体(材料)、航空機取扱、基本技術
高野 正幸 <教務主任>国際貨物、航空支援実習、航空業務、一般教養
入間川 洋司 グランドハンドリング、航空支援実習、航空機取扱
小形 一敏 航空支援実習、国際貨物、航空機取扱
加賀谷 清一 ピストン発動機実習、機体実習、溶接
加藤 美香 航空業務、旅行業務、一般教養
亀岡 敏光 OA実務、一般教養
今野 昌憲 ピストン発動機、機体実習
齋藤 めぐみ 英語、TOEIC
渋谷 幸平 車両整備実習
須貝 亮二 基本技術、基本技術実習
高橋 浩 機体構造、機体実習
田代 秀雄 技術実習、航空英語、航空工学(タービン発動機実習)
中嶋 新一郎 装備品(電気)、航空機取扱

(4)実践的職業教育と就職指導

就職指導

就職活動では、これまでの自分を振り返り、現在の自分を理解し、将来の自分を見据える作業が大切です。それを具体化していく作業のために、本校では「就職支援プログラム」を用意しています。
  就職活動そのものは各個人によるものですが、多くの学生はほとんど初めて就職活動を行うことで戸惑いも多いのが事実です。本校では就職室はもちろん、担任との連携のもと学生個々の希望や長所を最大限に引き出せるよう「就職支援プログラム」を中心に様々な就職支援を展開します。就職活動で大切なことは、なぜその会社に入社したいのか、入社して将来にわたり何を実現したいのかをしっかりと自分の言葉で話せることです。それらを含めて希望する企業の内定を目指して活動を支援します。

各種認定

●国土交通省 航空従事者養成施設、航空機整備訓練課程

●文部科学省 職業実践専門課程(全学科)

(5)教育活動・教育環境

学校行事

4月

入学式

前期始業

新入生オリエンテーション

5月

健康診断

陸上自衛隊 霞目駐屯地研修(航空機整備科3年)

6月

前期中間試験

JALグループ特別授業

7月

航空従事者技能証明学科試験(航空機整備科2年)

夏期休業開始

AXESS実用検定(エアポートビジネス科)

9月

前期期末試験

東北地方空港祭

10月

後期始業

フォークリフト運転技能講習(空港エンジニア科1年)

仙台空港祭

球技大会・いも煮会

福島空港研修(空港エンジニア科1年、エアポートビジネス科1年)

航空従事者技能審査(航空機整備科3年)

株式会社ジャムコエアロマニュファクチャリング研修(航空機整備科)

11月

e.TEAM ANA企業説明会

JALグループ企業説明会

IHI工場見学(航空機整備科1年)

AXESS実用検定(エアポートビジネス科)

12月

後期中間試験

JAMCO研修(航空機整備科2年)

冬期休業開始

1月

航空従事者技能証明学科試験(航空機整備科2年)

e.TEAM ANA工場見学(羽田)(航空機整備科2年)

航空従事者技能審査(航空機整備科3年)

2月

旅程管理者試験(エアポートビジネス科1年)

就職指導講話

後期期末試験

AXESS実用検定(エアポートビジネス科)

3月

卒業式

春期休業

教育施設・設備

校舎概要

[校舎面積] 6,021.09m2

[グラウンド]8,669.00m2

校舎概要

●最新ブロードバンド環境を実現、校内にくまなく無線Wi-Fiアクセスポイントを設置。学生は、校内どこからでも快適にインターネットにアクセスできる。

●学生全員にiPadを配付。毎日録画されている講義をeラーニングとしてインターネット経由で自宅からも視聴でき、復習や補習にも万全。

主な実習設備

  • 第1格納庫
  • 第2格納庫
  • 第3格納庫
  • エンジン試運転場
  • 基本実習室
  • バッテリー取扱い実習室
  • OA1実習室(CAD実習)
  • OA2実習室(AXEESS実習)
  • エアポートビジネス実習室

主な実習設備

  • 学生ホール
  • 就職資料室
  • 体育館
  • グラウンド

(6)学生の生活支援

学生支援体制

 はじめて一人暮らしをする人や、日々の健康管理がちょっと心配という人にも、安心・快適なキャンパスライフを過ごしてもらえるよう、姉妹校の東北電子専門学校には看護師が常駐する「保健室」、専門のスクールカウンセラーが相談に応じる「カウンセリング室」があり利用できます。毎日の学生生活の中で、健康面のサポートはもちろん、誰かに聞いてもらいたいことや悩み相談まで対応しています。明るく清潔な雰囲気の中、看護師とカウンセラーがサポートします。

学生寮

ドミトリー仙台一番町 男子寮 定員:125名

〒980-0811 仙台市青葉区一番町一丁目1番5号

交通

・JR仙台駅まで徒歩7分

部屋

洋室(Aタイプ約9帖・Bタイプ約10帖・Cタイプ約15帖)

設備

テーブル・椅子・ベッド・ユニットバス・クローゼット・シャワートイレ・ エアコン

食事

朝・夕の2食付

北山寮 女子寮 定員:54名

〒981-0931 仙台市青葉区北山一丁目5番29号

交通

・JR仙山線「北山駅」まで徒歩10分

・市営バス「輪王寺前」まで徒歩2分

部屋

洋室7.5帖

設備

学習机・椅子・ベッド・クローゼット・シャワートイレ・エアコン

食事

朝・夕の2食付

 

  • 学校見学情報
  • 進路相談会
  • AO入学制度
  • 特待生・奨学金制度
  • 募集要項
  • 学生寮
  • 電子パンフレット
  • 学校紹介ムービー
  • Q&A
  • 文部科学大臣認定職業実践専門課程
  • 東日本航空 LINE@
  • 東日本航空 twitter
  • 東日本航空 スクールアプリ
  • 留学生の方へ