学科紹介

職業実践専門課程

3年課程・66名

航空機整備科

航空機の安全運航を支える「航空整備士」をめざす。

最先端の技術を駆使した航空機の整備にも、高度な知識と技術力に加えて、安全に対する高い意識と強い責任感が求められます。本学科では、航空機整備に必要な基本事項を修得するとともに、整備経歴や在学中の国家資格の取得をめざします。さらに、姉妹校の東北電子専門学校との連携によりコンピュータ教育にも力をそそぎ、企業ニーズに応える航空機整備のプロフェッショナルを養成します。

■国土交通大臣指定「航空従事者養成施設」※
■国土交通大臣指定「航空機整備訓練課程」
※二等航空整備士コースは、国土交通省より養成施設のテストコースとして指定を受けています。

学科ブログ

海上保安庁 仙台航空基地研修

2017年9月14日

航空機整備科2年生(養成課程13名)が「海上保安庁 仙台航空基地研修」を行いました。

仙台航空基地は、全国に12ある航空基地の一つで、学校から車で5分という近さの仙台国際空港エリア内にあります。今回は海上保安業務(警備、治安の確保、救助など)、取り扱う航空機や海上保安官としての航空整備士の業務内容、採用されてから航空整備士になるまでの説明を受けました。

その後、格納庫にて現役レスキュー隊の降下訓練や救助で使用する器材等の説明、ヘリコプターヘ救助する時に使用するジャケットを着ての体験、パイロットによるヘリコプター(アグスタ139)の説明など充実した研修になりました。

二等航空整備士をめざしている2年生にとっては、航空整備士という名前や資格は同じでも仕事の内容の違いを感じ取ったようです。

年別アーカイブ

  • 学校見学情報
  • 進路相談会
  • AO入学制度
  • 特待生・奨学金制度
  • 募集要項
  • 学生寮
  • 電子パンフレット
  • 学校紹介ムービー
  • Q&A
  • 文部科学大臣認定職業実践専門課程
  • 東日本航空 LINE@
  • 東日本航空 twitter
  • 東日本航空 スクールアプリ